<  96  >

いつからか、物語を創り上げる事に凄く退屈で飽きてしまっていた。

自分の物語を誰かの物語の様に見せ投影する事、それは決して誠実な事ではなかった。